小雪、韓国の産後調理院で産後ケア - 母性本能だけで育児はできないっ!!

インフォメーション

小雪、韓国の産後調理院で産後ケア

どうも☆友永でっす(^-^*)/コンチャ!

小雪さんが、韓国で出産したっていうんで、ネットでは
あれこれと憶測が飛び交っているようですね〜。

小雪さんが在日朝鮮人だったのか、とかなんとか・・・

まぁ、そこらへんより、ノロウイルスの発生元だという
キムチは大丈夫なのか・・・と思ったのですが、
韓国の産後調理院では、キムチなどの辛い食べ物は避けるように
指導しているようなので、そのへんは大丈夫なんですかね〜。

(でもやっぱり、ちょっと衛生面が心配な気も・・・)

ただ、産後のケアが大切っていうのは、事実です。

産後調理院(サヌチョリ)というのは、産後のケアに重点を置いた
施設なんですってね。

韓国語の「調理」っていう言葉には「養生」という意味があるんですって。
ひとつ勉強になった〜。

ついつい産後は赤ちゃんのお世話で、ママもムリをしてしまいがちだけれど、
1ヶ月くらいは、安静にしているのがいいのは、間違いないことですー!

養生、大切ですよーーー。

核家族化の進んだ今の日本だと、なかなかそうものんびりしてられないし、
実家やお姑さんの世話になるのも、生活習慣が違いすぎて返ってストレスになる、
なんてこともありますしね・・・。

そういう意味で、産後ケアをじっくりできる施設っていうのが、
日本でも一般的になったらいいな〜というのは、思いますね!!

産後のケアについては、こちらも参考にしてみてください☆
子宝の知恵シリーズ3「しあわせ出産・育児マニュアル」

産後、どういうことに気をつけたら、母体が健康でいられるか、
そして出産で若返る秘訣についても書かれています♪

日本にも、古来からの、母体を大切にする教えがあったのに、
忘れ去られているのはもったいないことです(涙)

ただやっぱり、小雪さんについては、「わざわざ韓国に行って出産?」
っていう違和感はちょっと感じましたかね〜。

韓国の産後調理院の宣伝的な、ビジネス絡みだったりして・・・?
2週間でたったの10万円だそうですよー。

日本国内でここまでお手ごろ価格は、ムリでしょうね〜・・・。

日本では、産褥院っていうものがあるようですね。
助産院で、産後に産褥入院という形で受け入れていたり。

ただ、上の子が一緒でも入れる、というところはないようですし・・・

こういう集団で過ごすところにいると、かえって感染症にかかったりする
確率は上がるのかもしれない・・・なんて思ったりしちゃいますよね〜。

・・・だからやっぱり韓国の施設なんて、もってのほか、って気がしますが!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
参考になった、と思っていただけましたら、
ランキングのクリックにご協力お願いします!

>>>にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ<<< >>>にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ<<<

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
応援ありがとうございます⇒にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。